FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

10人が個性の競作 美術文化北海道支部展

 


 「新しい美術文化の在り方を追求し、自己を忠実に表現する」を掲げ1940年に東京で創立展が開かれた美術文化展の第46回北海道支部展(鈴木秀明支部長)。支部展は1972年に第1回展が開かれた。今回は、10人が大作を中心に17点を出品している。
 メンバーは道展会員の三浦恭三さん(小樽)以外は新道展の会員、会友、一般出品者。
 柳川育子さん(札幌)さんの『時は流れて』は白い雲がなびくような、久保田年子さん(函館)の『ブルーケルプ』は海草がゆらめき、宮澤克忠さん(帯広)の『欲と賭けとブギウギ』はコラージュも駆使、非常にカラフル…など個性の競作。今年の新道展で佳作賞を受賞した楓月まなみさん(札幌)が初出品している。


 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル階スカイホールで7日まで。


 ◆写真は楓月まなみさんのアクリルと墨による『流清』(右)と『綾華』(左)
スポンサーサイト

未分類

宇宙的なストーリー 『益村 信子個展』

DSC02192_convert_20181007100902.jpg 

 続けている森羅万象シリーズのインスタレーション(取り付け)を発表。壁面の絵画とは別に広い床面いっぱいに球体を中心に生命のつながりを思わせる独特の会を展開。2年振り22回目の個展。
 壁面に地球を思わせる球体から数々の細く黒い糸が伸び、その先に小さな球体が。そこには宇宙空間に存在するすべてのものとのつながりが強調されている。それらを取り囲むかのような“青い樹林”も。
 素材は大小の球体は発泡スチロール、古い毛糸、紙による細い丸状の筒…いずれも古い素材を再生して宇宙的なストーリーを展開している。
 壁面の8号から100号の5点の作品もコラージュで構成。その中には、地震で大きな被害を受けた胆振管内厚真町の様子を伝えた新聞も。色々な組み合わせが、多くのことを考えさせている。

 札幌市中央区南1西11、コンチネンタルギャラリーで7日まで。


 DSC02197_convert_20181007100951.jpg  益村 信子(ますむら・のぶこ)さん
 「画廊で4時間かけてセットしました」。もともとは油彩。2004年からインスタレーションを発表。初個展は油彩で91年。学生美術全道展で奨励賞、道教育長賞。ボレアス賞、倶知安寒別グランドアート展など多数に出品。道教育大学岩見沢校卒。岩見沢市生まれ。札幌市在住。

 ◆写真は会場いっぱいのインスタレーション

未分類

自然の生命力大作で 『中村 哲泰個展』

 

 「2014年から取り組んでいる」という『とどまることのない生命』シリーズ14点を中心に油彩30点を発表。このうち50号から150号が18点で迫力感が広がっている。4年振りの個展。
 『とどまることのない…』シリーズは、枯れた草花を画面いっぱいに生き生きと描き生命の再生を強調。沼地や岩盤に根を張り花が咲き実をつける…そんな生命力を入念に描き込み自然界のドラマをつくり上げている。
 「4~5年前に行ってきた」という九州の軍艦島を描いた大作、2001年にヒマラヤ山脈に挑戦した時の150号の『エベレストの見える風景』は、全体にグリーンが無く無機質で硬質感に富む“無言の風景”だが迫力があり、強い生命力が伝わってくる。
 今年の一水会展で第80回記念賞を受賞、委員推挙になった作者の大作、力作である。

 札幌市中央区大通西3、道新ぎゃらりーで10月2日まで。


 DSC02189_convert_20180930095908.jpg  中村 哲泰(なかむら・てつやす)さん
 「描く草花の多くは名前がよく分からない。だがすごい生命力なのです」。新道展で札幌市長賞、一水会展で一水会賞。恵庭市から文化賞など多数受賞。個展、グループ展も多数。新道展会員、一水会委員、グループ環会員。1940年恵庭市生まれ。同市在住。

 ◆写真は『とどまることのない生命』(50号)

未分類

道彩展賞は宮武さんに 第38回道彩展

 

 水彩画の公募展、北海道水彩画会の第38回展。一般公募の入選、入賞作品57点と会員、会友の作品73点合わせて130点が展示され、道彩展賞は、江別市の水彩画教室主宰、宮武輝久さん(67)の『イルミネーション02』(80号)に。昨年に次ぐ2回目の出品だった。
 作品は風景、花、人物の具象から抽象構成まで多彩。応募者の最高齢は91歳だった。
 
 道彩展賞以外の主な受賞者は下記の通り(敬称略)
 ▽道知事賞 松山頌子(札幌) ▽札幌市長賞 斗澤勇一(同) ▽札幌市教育長賞 伊林昌子(江別) ▽道新賞 松崎勝子(七飯町) ▽八木賞 糀谷彌栄子(札幌) ▽伸子賞 高田登志子(同) 

 19日~24日、札幌市民ギャラリー。

 ◆写真は、道彩展賞を受賞した宮武輝久さんの作品『イルミネーション02』(80号)

未分類

小川さんに北日展賞 第6回北日展



 日本画の普及を目指し審査がなく自由に出品できる公募展を掲げる北海道日本画会の第6回展。一般応募と会員の作品が昨年より多い59点が展示され、最高賞の北日展賞は、石狩管内当別町、主婦小川佐世子さん(50)の『碧(あお)』(20号)に。
 札幌市を始め函館、旭川、小樽、岩見沢市からも出品。小川さんは、昨年に次いで2回目の出品だった。受賞作は海底のサンゴ礁などをきれいな色彩で描いたもので「ハワイに行った時の想い出とイメージの作品」という。
 風景、花を中心に1人2点から3点を出品、個性を見せていた。
 19日~24日、札幌市民ギャラリー。

 ◆写真は、北日展賞を受賞した小川佐世子さんと受賞作『碧(あお)』(20号)

未分類

藤守さんに道美賞(絵画) 第51回道美展


DSC02162_convert_20180916102449.jpg 

 絵画、工芸、写真部門の公募展の北海道美術作家協会の第51回展。3部門で会員、会友、一般応募の入賞、入選作品合わせて423点が展示されている。道美賞は、絵画部門では札幌市の主婦、藤守聡子さん(54)の油彩『Luxury(ぜいたく)』(100号)に。工芸部門は金子道雄さん(札幌市)、写真部門では阿部芳子さん(江別市)が受賞した。
 藤守さんは、昨年初出品で新人賞を受賞、今回会友にも推挙された。2012年から道展会員野田敦子さん(札幌市)が主宰する教室で描いている。
 今年は会員、会友合わせて490点の応募があった。絵画部門では今年から新たに小品部門を設け油彩、水彩を中心に多数展示され「皆さん楽しんで出品してくれた」という。
 道美賞以外の主な受賞者は下記の通り(敬称略)
 ▽道知事賞 菊地直恵(旭川)=写真= ▽札幌市長賞 相馬理恵(札幌)=工芸= ▽札幌市教育長賞 片桐抄織(同)=絵画=

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで17日まで。

 ◆写真は道美賞を受賞した藤守聡子さんと作品

未分類

全館に277点の大作、力作 第63回新道展

 

 会員110点、会友42点、一般応募の入賞・入選作品125点合わせて277点が全館に展示された新道展が始まり訪れるファンを魅了している。
 作品は油彩を中心に水彩、インスタレーションも。協会賞は、2度目の出品で受賞した林正重さん(67)=岩見沢市=の油彩『息遣い』(縦224㎝×横162㎝)に。佳作集は11人、新人賞は2人が受賞、5人が会員推挙、14人が会友推挙になった。
 いずれも100号を中心にした大作が壁面を飾っている。水彩画の力作が多いのも特徴。
 風景、花、人物を中心に心象から具象構成の作品が多く水彩画も力作が並んでいる。
 2日午後1時から後藤和司事務局長ら会員4人によるギャラリートークが行われる。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで9日まで。

 ◆写真は壁面を飾っている数々の作品とインスタレーション

未分類

最高賞は畠中さんの大作 第37回書究院展



 書究文化書芸院(山田太虚院長)の連続37回目の書道展。招待審査員、顧問、審査会員を始め入賞、入選作品合わせて239点と小学生から一般までの書究文化展の力作、大作が全館に展示され書の魅力を競っている。
 出展は濃墨の漢字を中心に創作、臨書と多彩。最高賞の北海道知事賞は畠中香風さん(札幌市)、大賞・札幌市長賞は山口春美さん(恵庭市)、準大賞・北海道新聞社賞は阿部岳流さん(札幌市)が受賞した。
 作品は招待審査会員、顧問、相談役、審査会員を始め会員、会友、一般の入賞、入選作品、二科(18歳以上)の入賞、入選作品のほか今回で3回目の小学生から一般までの書究文化展の個性豊かな力作、大作が展示されている。
 26日に表彰式・祝賀パーティーが開かれる。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで26日まで。


 DSC02124_convert_20180825101244.jpg  山田 太虚(やまだ・たいきょ)さん
 大作の創作『蔵真』と顔真郷、空海などの臨書の折り帖12点を出品。1978年に書究文化書芸院を創立、月刊誌『書究』を発刊した。これまでに還暦展、古希展、傘寿展を開催。道書道連事務局長、道書道連盟運営委員長などを勤めた。毎日書道展参与、北海道書道展審査員。岩手大学書道科卒。1936年空知管内栗山町生まれ。札幌市在住。

 ◆写真は大作の受賞作品

未分類

協会賞は林正重さんの大作 29日から第63回新道展

 

 第63回新道展(新北海道美術協会)の入賞・入選者が発表され、最高賞の協会賞は林正重さん(67)=岩見沢市=の油彩『息遣い』(224×162㎝)が受賞した。昨年初出品で佳作賞を受賞、今回が2回目の出品だった。
 総搬入数は398点で会員、会友、一般の入賞、入選作品合わせて277点が展示される。一般応募者数は14歳から90歳までと幅広く、具象の風景から心象構成の作品が全体のほぼ90%を占めた。
 林さんの受賞作は、今も残っている留萌管内の旧羽幌炭鉱の石炭を貨車に積み込む3階建ての施設の内部を描いた大作。「1970年に閉山になったが、日本の近代化に大きな役割を果たした。残された施設からその息遣いが伝わってくる」と語り、昨年10月から7ヶ月をかけて描き上げた。

 主な受賞者は下記の通り(敬称略)
 ▽佳作賞 数田修、故郷Ⅱ、永桶麻理佳、楓月まなみ、室谷三枝(以上札幌市) 内海一弘(苫小牧市) 塩谷恭子(伊達市) 高橋和子(北広島市) 富田信子(浦河町) 中川雅章(恵庭市) 室里枝(登別市)
 ▽新人賞 キタノサヤカ(登別市) 福井千絵子(札幌市)

 29日から9月9日まで札幌市民ギャラリーで開かれる。


 DSC02107_convert_20180819160748.jpg  林 正重(はやし・まさしげ)さん
 「受賞の連絡をいただいた時は、51年描いてきた中で一番嬉しかった」。高校2年で純正美術展に入選、その後道新賞を受賞、留萌美術協会展で記念展、道教職員美術展で特選など。「絵を描くのは楽しい。抽象絵画にも挑戦したい」。道教育局を2016年退職した。

 ◆写真は、協会賞を受賞した油彩『息遣い』(224162㎝)

未分類

全長7m余の大作 『阿知 信美智展』

DSC02095_convert_20180816101046.jpg 

 これまでに立体造形作品を発表してきたが、今回は「初めて」という平面の大作を壁面いっぱいに発表。テーマは『Egoist』(利己主義者)。2013年以来5年振りの個展。
 「今年4月から制作した」という大作は横幅7・20m×高さ1・80m。いわば住宅街を上空から望んだ構図で大小様々な形の家が競うように並び小路があり、川が帯状に流れ、車や花壇も。色彩の違う家々が「個」を主張しているよう。
 半透明の薄い板のような建材に水彩色鉛筆で入念に描き込んでいる。「使った色鉛筆は40色以上…」で深いマチエール。輝きを抑えた色調で重厚感がある。
 2017年のハルカヤマ藝術要塞(小樽市)で発表した作品『切り倒された一つの木が成し遂げる意味』にに使った細長い真っ赤な丸鉄棒55本も白い壁面を飾っている。

 札幌市中央区北1西28、ギャラリーレタラで27日まで。

 DSC02098_convert_20180816101122.jpg  阿知 信美智(あち・のぶみち)さん
 初個展は1996年。今回で6回目。ハルカヤマ藝術要塞、帯広コンテンポラリーアート、光州国際現代美術展(韓国)など多数に出品。2017年札幌文化奨励賞受賞。道教育大学釧路校卒。1963年釧路管内阿寒町生まれ。札幌市在住。

 ◆写真は大作の『エゴイストⅢ』(長さ7・20m)

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ