FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『北海道を彩るアーティスト』 あとがき ~五十嵐 恒~



 長い間、ブログをご覧いただきありがとうございました。
 本日をもって『北海道を彩るアーティスト』を終了させていただきます。


 平成31年3月28日、五十嵐 恒は永眠いたしましたことをご報告させていただきます。

 葬儀は近親者のみにて諸事万端滞りなく済ませました。礼を失することになりましたがお許し頂きたく存じます。なお、誠に勝手ながら一切のお心遣いにつきましては拝辞させていただきますのでご了承をお願い申し上げます。
 母も心労が重なっておりますので、自宅への電話連絡などを控えていただきたく、重ねてお願い申し上げます。


 北海タイムス社勤務時代からたくさんの作家さんたちと出会い、取材さていただき、最期まで好きな仕事をまっとうした父は幸せだったと思います。そして、美術ジャーナリストとして84歳まで生涯現役を貫いた父を誇りに思います。
 皆様には大変お世話になりました。

 2009年12月から約10年間、父と二人三脚でやってまいりましたブログを終えてしまうのは、とても寂しく残念です。
 本当にありがとうございました。


平成31年3月31日
長女・裕見子
スポンサーサイト



未分類

◆ブログお休みのお知らせ◆

 
 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 少しの間、お休みさせていただきます。

未分類

色彩豊かな抽象画 『亀井 由利小品展』

 

 抽象絵画ひと筋。毎年精力的に発表を続け、今回の仕事始めには色彩豊かな新作14点を発表、意欲を見せている。30号から0号。油彩。
 「初日の出と凧のイメージです」。新春にふさわしく色鮮やかな赤を中心に白、ブルー、グリーンが、はじけるように展示されいる。白の中にグリーンが広がる、赤を中心に白、ブルー、赤がぶつかり、響き合うように描かれている…どの作品も生き生きとした筆勢。新春の意気込みが伝わってくる。
 “筆勢”とはいっても筆が描くのではない。絵の具をたらし、吹き付けるようなドリッピングの手法。それを入念に繰り返し独自のアートを確立している。
 “赤の世界”の中で1点だけ30号のモノクロ調の作品が。やはり動的な表現で内面性を追究している。
 同じ会場の2階で新道展会員、赤石操さんが初個展を開いている。

 札幌市北区北8西1、石の蔵ぎゃらりぃはやしで15日まで。

 DSC02383_convert_20190110101844.jpg  亀井 由利(かめい・ゆり)さん
 個展、グループ展は数え切れない。今年も代表のバックボックス展、新道展を始め個展が予定されている。2017年には室蘭市自選展を開いた。新道展で佳作賞、室蘭美術協会展で市長賞など受賞。新道展、日本美術家連盟会員。室蘭栄高校卒。1952年室蘭市生まれ。札幌市在住。

 ◆写真は油彩の『奴凧』(4号)

未分類

花、風景中心に28点 北日展新春会員展

 

 誰もが出品展示できる無審査の日本画の公募展を掲げている北海道日本画会の会員有志7人の作品展。新春展を開くのは初めて。花、風景を中心に合わせて28点が展示され新春を飾っている。
 北日展は、2013年に第1回展を開催以来毎年開き、今年の第7回展は9月18日初日を予定している。
 今回の新春展には一昨年北日展賞を受賞した宮中裕子さん、昨年受賞した小川佐世子さん(共に石狩管内当別町)が新会員として5点ずつを出品している。
 具象の美が基調。アサガオ、アジサイ、ハマナス、ポピーといった数々の花のモチーフを中心に美しく描いている。岩見沢市の四十九ウタ子さんも花の作品を出品。
 新春会員展とは別に、北日展会長の新田志津男さんが、隣室に60号から80号の日本画の大作11点を出品、存在感を見ている。中でも墨絵の『雪解け間近』(60号)は、独得の情緒を広げている。

 札幌市中央区南1西3、さいとうギャラリーで13日まで。

 ◆写真は小川佐世子さんの日本画『静寂』(8号)

未分類

73人が個性豊かに ゆく年くる年`18~`19展


DSC02349_convert_20181223101219.jpg

 この1年を振り返り、新しい年への思いを込めた企画展。今回で24回目。美術団体を問わず73人が多彩な作品を発表している。
 油彩、日本画、水彩、パステル、版画、金工…作品は多種多様。具象から抽象構成まで幅広く個性豊か。出品作家も札幌を中心に北見、旭川、深川など遠方からも。夫婦、親子も。全道展の田崎謙一さん、道展の岡恵子さんが初出品している。
 来年のエトにちなんでイノシシを描いた作品が何点か。西田陽二さんの『白亥』はイノシシを勢いよく、内藤克人さんの『サバンナの貴公子』は何頭ものイノシシが駆ける姿を、福島靖代さんの『亥の刻』は月夜の下の窓辺に小さなイノシシ…などそれぞれの感性が楽しめる。阿部典英さんの『イノさんとシシさん』は思わず笑みが。
 泉修次さんのボックスアート『H31年開運おみくじ』は、自由におみくじを引くことができる楽しさが。出品作家の個性と思いが込められている。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで新年1月6日まで(ただし今月24日と29日から31日、新年1月1日は休廊)

 ◆写真は阿部典英さん(小樽)の作品『イノさんとシシさん』
プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ