~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

在りし日をしのび72点 『竹田 博自画像展』

DSC01411_convert_20171117150235.jpg

 画家、デザイナーとして活躍していたが、2007年11月28日、66歳の生涯を終えて10年―。在りし日をしのび描き残した自画像を中心に72点が展示され、思いを新たにしている。
 竹田さんは、札幌商業高校を卒業後広告会社に入社、その後デザイン事務所を設立、1982年にはギャラリーたぴおを開設、自らも絵を描き個展、グループ展で発表、アートひと筋に歩んでいた。
 展示されている自画像は、1962年の22歳から亡くなる2年前の64歳までに描いた油彩を中心にスケッチも。中には両親や理美子夫人を描いたのもあるが大半は自身の表情。
 食事をしている時の光景もあるが、多くはじっと前方を見つめている表情。その目は鋭く何かを求め、訴えているよう。
 企画したボレアスジャパン代表のM・ババッチさんは「独自の美学やスタイルにこだわりを持っていたが66歳で力尽きた。これほど多くの自画像をさろえた作品展は他にないと思う」と語っている。作品集も発刊された。

 札幌市中央区南2西1、山口中央ビル・アートスペース201で21日まで。


 ◆写真は展示されている数々の自画像
スポンサーサイト

未分類

東日本大震災テーマに 『大地康雄の油絵展』

DSC01405_convert_20171117150319.jpg
  
 「東日本大震災で被害にあった方々を精神的に支援したい」―。角状のキャンバスではなく、ダイヤ型の大作『大震災の象徴』シリーズを中心に風景の油彩も含み24点を発表。サムホールから200号。1965年の初個展以来49回目。
 独特の世界。これまで扇型の構図だったが「緊張感がない」と、昨年からダイヤ型に。その中に扇図を描き、その中心に白い人体を浮き立たせている。
 それは女神。「被害者を救う救世主として表現した」と語り、その周囲に海や山など自然を描き込んでいる。「人命を救いたい」というストーリーが込められている。
 石こうの粉末、塗料なども使い重厚なマチエール。画面の扇型を赤色で浮かせているのも印象的。風景の『洞爺湖畔』などはモザイク的な描き方なども特徴。ダイヤ型のキャンバスは作者自身が製作した。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで19日まで。

 DSC01408_convert_20171117150541.jpg  大地 康雄(おおち・やすお)さん
 東日本大震災への取り組みは、発生した翌年の2012年から。「人命を救いたいという思いから生涯のテーマにしたい」。来年は80歳で50回記念展に。全道展で奨励賞、独立展で奨励賞、独立賞、道教職員美術展で特選など。全道展、独立展会員。岩手大学学芸部卒。1938年岩内町生まれ。札幌市手稲区在住。


 ◆写真は油彩の『大震災の象徴』(200号)

未分類

31人が個性豊かに 『北海道陶芸会展』


 
 1968年に陶芸家16人で発足した北海道陶芸会(中村裕会長)の第49回展。会員30人と相談役小山耕一さん(東京)が個性豊かな多彩な作品を発表、陶芸の魅力を発信している。
 会員は、30歳代から84歳の中村照子(札幌)まで幅広く札幌を始め釧路、旭川、十勝管内鹿追町、網走管内美幌町など各地で作陶を続けているリーダー的な方ばかり。
 大小のつぼ、皿、花器、水指など一人7種類までを出展。堂々とした風格の焼き締め、美しい釉薬による気品、青磁や白磁…高度な技術によるバラエティーに富んだ作品が並び、本道陶芸界のレベルの高さを示している。
 11日午後2時から日本酒を用意した月見の宴も開かれる。
 来年は創立50周年を迎え、6月に札幌芸術の森美術館で米・オレゴン陶芸家協会会員を招き、記念展を予定している。

 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で12日まで。

 ◆写真は展示されている多彩な作品

未分類

リズミカルな抽象絵画 『高橋 佳乃子個展』

 

 抽象絵画に取り組んで35年―。明るいブルー系を基調にリズミカルな表現力の100号、120号の大作3点を中心に9点を出品。すべて今年の新作。2015年に次いで5回目の個展。
 「色彩は、自然環境にかかわりがあるかも…」。高校までオホーツク海に近い道東で、現在は田園風景が広がる空知で生活、そうした環境が色彩や空気感となってキャンバスに。
 絵筆は使わない。ローラーで地塗りしたキャンバスむに絵の具を流しながら制作していく。タイトルは『ブルーグレー』『グリーンライト』など色彩。ブルー調の大画面に赤やピンク系のラインでいくつもの“窓枠”が表現され、そこから向こうの景色が見えるような、しかもリズミカルに描かれている。
 心地よい響きを感じさせる。色彩が明るく透明感に富んでいるのも魅力。楽しいメロディーさえも感じさせる。

 札幌市中央区南5西20、ギャラリーミヤシタで12日まで。



 DSC01392_convert_20171103141323.jpg  高橋 佳乃子(たかはし・かのこ)さん
 キャンバスを床面に置いて描く。「好きな色にひかれます」。元々は具象だった。道展で1980年新人賞、81年佳作賞、85年会友賞。初個展は99年。道展会員。ご主人の博昭氏も道展会員。道女子短大工芸美術科卒。網走管内女満別町(現大空町)生まれ。岩見沢市在住。

 ◆写真は油彩の『ブルーグレー』(100号)

未分類

明るくさわやかに 三明 伸水彩画展

 

 「いかにしてきれいに仕上げるかです」―。風景を中心に明るく澄んだ色彩で描いた水彩画35点を発表。さわやかな空気感が広がっている。2001年の初個展以来毎年のように発表「数え切れません」。サムホールから0号。
 透明水彩で丁寧に情緒豊かに描いている。雲などホワイトは、画用紙の白を生かす手法。
 札幌、千歳、小樽市を始め道内各地と郷里・仙台の風景やボタン、キキョウなど花を透明感に富みすがすがしく描いている。風景は快晴の光景。
 作品『花とサイロ』『こもれび(道庁)』など風景は、建物を中心にグリーンの広がりが心地良い。奥行きのある構図と共に空気感が広がっている。
 指導しているザ・ザップグリーン教室展も同時開催している。

 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で5日まで。


 DSC01398_convert_20171103141222.jpg  三明 伸(みあけ・しん)さん
 2001年6月、44年間のサラリーマン生活を終える前から水彩画を描いていた。個展は東京、仙台、函館などでも。スケッチで英国、オランダ、ドイツなどへ。さっぽろ窓辺展で03年札幌市民賞、04年札幌市長賞。11年に書家の靖子さんと2人展を開いた。1938年宮城県名取市生まれ。札幌市在住。

 ◆写真は『ガラスの美術館(箱根)』(6号)
プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ