~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

なかがわ・つかさの歩み振り返る 札幌美術展 『さっぽろ・昭和30年代』

 
 美術評論家なかがわ・つかさ(本名・中川良)が、1953(昭和28)年末から63(同38)年夏までの10年間に当時の北海タイムスに精力的に評論を書き続けた。企画展『さっぽろ・昭和30年代』は、同氏が執筆した多くの美術展を中心に当時の札幌の美術の流れを120点の絵画や版画、彫刻と多数の資料や映像で振り返り“熱気の昭和30年代”を見つめ直している。
 同展は、札幌芸術の森美術館開館20周年記念展。同館の吉崎元章副館長が10年間取り組んできた研究の成果を公開している。
 なかがわ・つかさは茨城県出身。1953年12月突然札幌に現われ、遠慮のない辛口の評論を北海タイムスを中心に展開、同時に美術誌の発行、美術館建設運動にも情熱を注ぎ、札幌の美術界に旋風を巻き起こした。
 だが、札幌に来て10年後の8月脳溢血のため34歳の短い生涯を終えた。同展は、『美術評論家 なかがわ・つかさが見た熱き時代』をサブタイトルに、その取り組みを第1章『昭和30年代の札幌のすがた』から第7章『なかがわ・つかさが遺したもの』までをたっぷり見せている。
 第1章では木田金次郎の油彩『秋のテレビ塔』などを展示、第2章『なかがわ・つかさ現る』からは、北海タイムスに執筆した個展の評論とその作品、公募展評論、連載などと共に、当時の札幌の美術活動の動向を示す作品や資料を展示している。
 観覧料は一般700円、高・大学生350円、小・中学生150円。
 札幌市南区芸術の森2の75、札幌芸術の森美術館で来年1月30日まで(29日~1月3日休館)。

 ◆ 写真は、展示されている数々の作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ