~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

色彩豊かに独自の書 『樋口 雅山房吉祥文字展』

 
 不定形の色彩板に墨や顔料で書いたカラフルな書10点を中心に屏風、軸装、額装の作品合わせて22点を発表、風格と共に楽しい書展になっている。個展は09(平成21)年に冬季用で開いて以来2年振り。
 『寿』『喜』…めでたい文字をそろえた吉祥(きっしょう)文字展は、生き生きとした筆勢で色彩豊かに表現されているのが特徴。
 「初めての取り組み」で、だ円状で不定形の赤の色彩板には黒で『大吉』、黒には赤で『千客万来』、ゴールドには黒で『喜』と筆を走らせ、おおらかな情緒。書体が抽象風でもあり遊び心さえ感じさせる。
 色彩板は建材。顔料で彩色し、文字は黒と顔料で書いている。
 屏風、額装など多彩な書が楽しめる。

 札幌市中央区北2西2、STV北2条ビル・エントランスアートで27日まで。

 ◆写真は、色彩板に書いた『喜』(左)と『宝を招いて進む』(右)


 樋口 雅山房(ひぐち・がざんぼう)さん
 キャリア50年以上。師は札幌東高時代に指導を受けた故加納守拙氏。1966年墨人展で墨人賞、68年第2回日本現代書展で準大賞。東京時代に山本寛斎のイベント、宇崎竜童コンサートのポスターのタイトルを書いた。墨人会会員。明治薬科大学卒。1941年札幌市生まれ。札幌市白石区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ