~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『清そな美の白磁の器類』

『清そな美の白磁の器類』 ~錦織 宏作陶展~

 本格的に作陶の道に入って約20年― “新しい染め付けたち”と題して『白磁』の新作38点を出品、会場に清そ感を広げている。07(平成19)年の個展では「10年振りに焼いた」という陶器も発表したが、「磁器だけの新作をそろえたのは5年振り」という。

 本来は“磁器作家”。出品されている円状、楕円状、筒状で高さ20㌢前後の大小の器類は、輝くような純白の中に、アイ色の濃淡で多彩な絵が描かれており、清そで洗練されている。

 呉須(ごす)で絵を描き、1280度まで上げて焼き上げる。窯は電気窯。「還元の手法で仕上げ、白の輝きを出している」。

 描かれている絵は『山越え』 『冬山に突風』と題した風景と『月に向かう』などファンタスティックで童話の世界を思わせる楽しい内容。「絵付けの美を見て欲しい」と語る。

 12月6日まで札幌・さいとうGallery(中央区南1西3)。  

 (美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

 

 錦織 宏(にしきおり・ひろし)さん 

 「ここ1ヶ月、絵付けに集中した」。絵はイメージの世界。個展、グループ展は多いが、市の中心部で個展を開いたのは初めて。会社勤めをしていたが、28歳から本格的に作陶の道に。絵も得意。北海道陶芸協会に勤めていたが、今年10月末で退職、今回は“独立”の個展。来年1月にも札幌・ギャラリー土土で開く。工房『染付の器 山鼻』で教室を開いている。1962(昭和37)年札幌市生まれ。工房・札幌市中央区南14条西13丁目 1の28。

 

 

 

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ