~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

陶器の破片をアートに再生 『前田 育子展』

 
 独自性に富む取り組みを続けている作者が『廃陶―A環』をタイトルに、ドウナツ形の陶の作品32点を床面に展示、ファンの関心を呼んでいる。大小の輪の作品が響き合うような雰囲気である。
 輪の素材は、無数の陶器の破片。2006(平成18)年に江別市セラミックアートセンターで開かれた作品展『AMUSMENT』に出品した8人の陶芸家の作品を来場者に自由自在に割ってもらった。その破片を釉薬を接着剤にして組み合わせ、ドウナツ状に焼き上げた。直径20~30㌢。
 8人の陶芸家と来場者の作品に対する思いを別な手法と形で再生させた独自のアート。今にも崩れそうな表情であり、思わずさわってみたくなる。角状と球体状の作品もある。

 札幌市中央区南9西3、ト・オン・カフェで5月1日まで。

 ◆写真は、床に並んでいる大小の輪状の作品。


 P1010526_convert_20110426174535.jpg  前田 育子(まえだ・いくこ)さん 
 「何でも焼きたくなる」。粘土でドウナツ形の型を作ることから始まる。830度から900度で焼きあげた。2000年に工房を開設以来毎年のように個展、グループ展で発表。5月26日から札幌で開かれる東日本大震災チャリティー展にも出品する。1968年胆振管内白老町生まれ。白老町在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ