~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

源土を展示採取場所も表示 「凍土会の挑戦」展

 
 本道の土を基調に作陶を続けているプロの陶芸家集団『凍土会』(中村二夫代表、12人)の作品展。使用している源土を展示、その採取場所も表示、興味深い内容になっている。
 同会は、本道の土を活用し陶芸の普及を図り、北海道焼の確立を目指して2008(平成20)年に設立された。会員24人でスタート、作品展を開いてきたが、現在は12人。
 本道の土を全体の50%以上を使用し、プロの作家であることが同会の条件。本道の土は鉄分が多く耐火土が低いため、とかく敬遠され気味だが「その個性を生かし北海道の陶芸を確立して行きたい」としている。
 12人が大小の器、カップ類など個性豊かに焼き上げた作品を展示、販売しているほか、使用している源土の展示と採取している場所を地図で表示しているのが特徴。それは江別市野幌、名寄市、十勝管内鹿追町など広範囲。
 本道の土だけで焼き上げた作品もあり、会員の意欲が伝わってくる。

 江別市西野幌114の5、江別市セラミックアートセンターで18日まで(月曜日休館)。

 ◆写真は、展示されている源土(中央)と作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ