~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

自然賛歌と元気な子どもたち  金井 英明 『田園幻想画』展

  金井 英明『田園幻想画』展

 四季に富む色鮮やかな色彩の北の大地の中で、子どもが明るく元気に無邪気に遊ぶ…メルヘン調でほのぼのとした情緒を画面いっぱいに描いた作品22点を発表、訪れるファンの心を和ませている。個展は道内外で数多く、10月にも札幌で開いたばかり。

 「30年以上は描いている」という『田園幻想画』は、自然賛歌と生き生きとした子どもたちの表情を描いた詩情豊かな内容。総出展22点のうちスケッチ画8点以外は、アクリル絵の具で細密に描いている。

 主に夏と冬の風景。縄跳び、竹馬、虫取り、雪合戦、雪だるま作りなどに興じる子どもの姿を楽しそうに、同時に生き生きと描き上げている。

 作品『イルミネーションが輝いた』は、イルミネーションが輝く道庁赤れんが前で子どもたちが雪だるまを作り、『竹馬パカパカ』は、菜の花畑の中の1本道で竹馬に乗って遊ぶ子どもたち…元気な声が響いて来そう。

 これら作品には、作者自身の幼い頃の思い出が秘められている。「よく外で遊んだ。輝いていた。今の子どもたちは遊ぶ時間が減り元気がない」と、憂慮する。

 『幻想画』は、現代社会への警告でもある。

 札幌・9階三越ギャラリー(南1西3)で28日まで。

 ◆ 写真の作品は『ウキウキ ワクワク ハイキング』 (44㌢×67㌢)

 

 かない ひであきさん 

 「子どもの頃に輝いていた情景や風景を描き、次代に伝えたい」。毎年精力的に発表を続け昨年10月、横浜の高島屋でも個展。現在の三越展と前後して富良野プリンスホテルでも発表。1981年以来続いている札幌大通公園のホワイトイルミネーションを創案し、アートディレクターに。2000年に道郵政局発行のふるさと切手、郵政省発行有珠山噴火災害の寄付金付き切手のそれぞれ原画を制作、寄付金は3億5000万円を超えた。市立札幌病院ステンドグラス壁画なども制作。道学芸大学札幌分校特美デザイン科卒。1941年札幌市生まれ。

 札幌市中央区北1西1、王子サーモンビル2階、イルミナージュギャラリーショップ。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ