~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

十勝風土をガラスの美に 『勝野 好則ガラス展』

 
 道東でただ1人の吹きガラス作家である作者が、十勝の風土をイメージしたさわやかな作品を出品。毎年精力的に個展、グループ展を続けており、今回の会場だけで連続5回目の個展。
 作品は大小の皿、グラスやカップ類、花器など。「色を付けるのは好きではない」ことから透明感の中に、わずかに色彩が浮き出るような清涼感に富む作り。
 作品『瑠璃紅葉』シリーズの花器やカクテルグラスは、紅葉が散るように赤系の文様が表現され、『美生の夜空』は皿に透明のブルーが広がる美しさ。
 『モール』シリーズのグラス類は、底から上の方にうず巻き状に文様が広がり薄いブルーやグリーンが微妙に浮き出る…不思議な神秘感を漂わせる。
 1993(平成5)年、十勝管内芽室町で工房を開設以来18年。十勝の風土を“かたち”に表し続けている。

 札幌市南区定山渓温泉、ぬくもりの宿ふる川で9月30日まで。

 ◆写真は、『瑠璃紅葉』シリーズのワイングラス(左)と花器(右)


 P1010839_convert_20110802103941.jpg  勝野 好則(かつの・よしのり)さん
 芽室町から工房を現在の音更町に移して12年。工房名は、アイヌ語でクジラという意味の『フンベ』。畑の中にある。北海道北の産業コンペで1994年金賞、97年銅賞。札幌の豊平硝子工場に在職中に北海道造形デザイン専門学校卒。1964年十勝管内音更町生まれ。同町在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ