~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

立体感と光と影の静物 『三上 博子個展』

 
 2009年の全道展で会員推挙になった作者が、04年以来7年振りに油彩24点の他に版画、水彩、コンテによる作品など31点を発表。13回目の個展。
 油彩は大作の静物を中心に人物像(主に女性像)花など多彩。中でも窓辺の表情を立体感と共に光と影を描いた静物に本領を発揮している。
 作品『窓辺の静物』(60号)は、立体的な構図と明るい色彩で描き、『卓上風景』(同)は、逆光の光景。黄色のテーブルが画面中央に浮き出るような『黄色い円卓』(50号)は、ざん新な感覚。
 独自の感性をみせている。
 全道展で1988年奨励賞、翌年佳作賞。「すがすがしい気持ちで描き続けたい」。多摩美術大学卒。1937年小樽市生まれ。札幌市北区在住。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで20日まで。

 ◆写真は、油彩の『窓辺の静物』(60号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ