~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

気品と風格の多彩な書 『第30回記念書究院展』

 
 1982(昭和57)年に第1回展を開いた書究文化書芸院(山田太虚院長)主催の書道展。入賞・入選作品を始め招待審査会員、顧問、さらに中国、韓国、台湾からの招待作家合わせて300点以上が展示されバラエティーに富んだ内容。書究院学生展も開かれており見応えがある。
 山田院長は「創作と臨書の融合がみられる」と語り、同展は個人の独自性を尊重している。それだけに作品は多彩。
 道知事賞を受賞した書歴50年の川元珠扇さん(札幌)、大賞の高橋玉堂さん(函館)は臨書、準大賞の工藤太啓さん(札幌)田沢聖峰さん(蘭越町)は気品と風格の大作。
 このほか4人に30記念賞、3人に功労賞贈られた。
 山田院長が所蔵したいる南北朝時代の書の拓本も展示されている。
 
 札幌市中央区区南2東6、札幌市民ギャラリーで28日まで。

 ◆写真は、受賞作品。右側が道知事賞を受賞した川元珠扇さんの臨書


 P1010898_convert_20110825165508.jpg  山田 太虚(やまだ・たいきょ)さん
 「30回で終わった訳ではなく、新たなスタートです」。1978年に書究文化書芸院を創立、書誌「書究」を発刊、8月号で398号に。中国へ22回のほか韓国、ヨーロッパ、南米などを訪れて文化の交流を深めている。2007年に東京と札幌で古希記念展を開き、昨年道文化団体協議会芸術賞を受賞。北海道書道連盟理事長、北海道書道展、毎日展審査会員。1936年空知管内栗山町生まれ。札幌市西区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ