~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『草花の生命力を美しく』 ~なおい かずこ写真展~

『草花の生命力を美しく』 

~なおい かずこ写真展~

 「散歩道で出会う草花や自然現象がつくり出す表情がとても好きです」―。植物写真家の作者が、四季の変化の中で多彩な表情を見せる草花や木の実を、いとおしむようにとらえた写真32点を発表。題して『植物からの贈り物』。強く、美しい生命力が強調されている。
花、木の実、葉、雪の結晶、霜、水滴…自然が織りなすバラエティーに富んだ表情をソフトで美しい色彩で表現している。
「自然の目がカメラのよう」と語り、被写体に接近してシャッターを切る。それらは特別なものではない。散歩中に見た小さな “生命力と美” に感動して撮ったものである。
表情をアップしてとらえている。氷の上の霜がシダの葉状に広がった作品『霜の結晶』など3点がモノクロ調である以外はカラー。タンポポの種子が水滴の中に見える『たんぽぽのたね』、ピンクの花が幻想のように浮く『シラネアオイ』、無数の水滴が光る『ルピナスに露』…自然がつくり出す不思議さと神秘感を見せている。
全紙サイズからキャビネ版。毎年この時期に個展を開いている。

 札幌市豊平区中央通9丁目3の16、ギャラリーパレ・ロワイヤルで30日まで。

 ◆ 写真は 『モミジの上に雪の結晶』 (キャビネ版)

 

 なおい かずこさん
キャリア20年。『草花日和』(07年)、『植物季』(08年)など一貫して植物の美と生命をテーマに発表している。昨年、文芸社(東京)主催のビジュアルアート出版社賞写真部門で個性派賞を受賞、同社から写真集『植物からの贈り物』が今月末に発刊され全国の書店に並ぶ。「念願の写真集です」。1995年花の美術館大賞展、96年ライブラリー企画写真展に入賞、99年女性だけの写真展で準優秀賞を受賞。1994年東京から札幌に転居。『花写真ギャラリーグーズ・ガーデン』主宰。法政大学社会学部卒。東京都生まれ。札幌市豊平区福住1条2丁目1の1の101。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒) 

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ