~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『表情豊かな地蔵の作品35点』 ~柿沼 忍昭「初地蔵」展

『表情豊かな地蔵の作品35点』

~柿沼 忍昭「初地蔵」展~

 「新年なので地蔵の絵をそろえました」―。「座禅をし、精進料理を研究、絵や書を楽しむ」という僧侶である作者が、地蔵を描いた作品35点を会場いっぱいに展示。1996年の初個展以来30回以上。24日には、会場で初地蔵説法の会も開く。
 絵は独学で書は3段の腕前。庶民の願いをかなえる、とされている地蔵を画仙紙に墨と筆で描き言葉も書き、多彩な表情に仕上げている。「お会いした多くの方がモデルになる」そうで表情がみんな違う。
 禅の言葉を表した『愛』 『願』 『是』 などの一文字地蔵、『無病息災』 『恋愛成就』 の地蔵、あるいは『地蔵菩薩』 さらに「複雑な世の中を見通したい」という『のぞき地蔵』…バラエティに富んだ地蔵がユーモア性を秘め、人情味豊かに描かれている。
 地蔵のほっぺやよだれかけなどを赤く彩色、アクセントをつけている。「赤は魔よけの意味がある」―。
 地蔵を描いた福袋、地蔵はがき、地蔵を描いた名刺を100枚以上もファイルした作品…いずれも語りかけるような雰囲気で心を和ませる。
 札幌市西区琴似2の7、メシアニカルビル地下1階、ソクラテスのカフェーギャラリーで2月7日まで。

 ◆写真は、数々の地蔵の作品(40㌢×16㌢)


 かきぬま にんしろうさん
 「年末年始返上で仕上げた。地蔵の作品を見ると私自身ホッとする。全国的にも私のような坊さんはいない」。個展は03年から06年まで米・サンフランシスコでも。昨年発刊した禅と食事と心を書いた著書『典座教訓』、アートを中心にした『大丈夫』が増刷した程の人気。静岡県熱海市の寺院から住職の声がかかっており「いずれそういうことになる」。1976年20歳で出家、その後永平寺(福井県)で修業。1981年札幌へ。1993年に寺子屋虹庵を開いた。駒沢大学仏教学部卒。1956年神奈川県生まれ。札幌市北区新琴似11条13丁目2の15。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ