~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

情緒豊かに9人が出品 日本画絹絵『彩の会』展

 
 日本画美術協会会員の勝木郁子さんが指導している日本画。すべて絹に描いているのが特徴。9人が22点とミニ色紙9点を出品、会場に優雅な情緒が広がっている。絹絵だけの作品展は珍しい。
 9人は、勝木さんのお孫さんの勝木悠里さん(中学1年)から86歳の大倉美津さん、多田峯子さんまで全員女性。しかも日本画美術協会展で入賞・入選を続けている。
 日本画用の顔料ではなく、絹に水干(すいひ)絵の具で描き「大作なら1点仕上げるのに写生から完成まで半年はかかる」という根気のいる工程。それだけに思いが込められている。
 モチーフは花が中心。椿、ハイビスカス、スイレン、桜…数々の花の情緒を優しく、ソフトに美しく描き上げており、気品がある。しかも年齢には関係なく若々しく情緒に富んでいる。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで18日まで。

 ◆写真は、多田峯子さんのハイビスカスを描いた絹絵『夏の朝』(20号)


 P1020614_convert_20120313183704.jpg  勝木 郁子(かつき・いくこ)さん
 師は、日本画家森山季紫鳥さん。キャリア30年以上。1989年から指導を続け、彩の会展は94年から毎年開催。07年には個展も。札幌円山動物園で鳥や各種動物のスケッチを続けている。日本画美術協会展で05年会友賞、06年会長賞。藤女子短大家庭科卒。1948年札幌市生まれ。同市中央区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ