~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

在りし日をしのぶ多彩な作品 『上野 仁奥遺作展』

 
 画業ひと筋に歩み今年1月9日、92歳の生涯を終えた作者の遺作展。多彩な取り組みを示すように油彩、水彩、クロッキーなど74点が展示され、在りし日をしのんでいる。作品集も発刊された。
 釧路市出身で18歳の時札幌へ。絵筆の傍らデザイナーとしても活躍、1975年には北海道創原美術会の創設にもかかわった。
 だが、81年からは個展ひと筋。道内、本州を回り、97年からはイタリア、ベルギー、フランスへも。
 「絵は常に変わらなければいけない」「絵の基本は線」を信条に生き生きとした線と色彩による風景、人物、静物などを次々と発表した。
 遺作展は、未発表の作品が多く昭和の初めに描いたと思われる小樽運河のデッサンから絶筆になった昨年9月にピエロを描いたペン画まで歩みをたどるような内容。
 クロッキーの『バレリーナ』のシリーズ、海外の風景を描いた明るい水彩画、桜島の広々とした構図の油彩…描いていた時の姿が浮かんでくるようだ。
 25日午後3時から会場で供花会が行われる。

 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で25日まで。

 ◆写真は、2004年フランスに行った時のスケッチを元に描いた水彩 『パリの街角』
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ