~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

大作84点が並ぶ豪華さ 『北海道現代具象展』

 
 具象絵画の新たな展開を追究している北海道現代具象展(佐藤武代代表)が、昨年第5回展を終えた。今回は、その区切りの記念展。実行委員21人と第1回展からの招待作17人の合わせて38人が大作84点を出品、多彩な具象の美の魅力をみせている。
 同展は、1991年に北の現代具象作家展が開かれたのがスタート。その後北の現代具象展、具象の新世紀展と名称を変えながら開催を続け、今回の記念展が通算20回展。
 特徴は、全国的に知名度の高い作家を毎回招待、道内各都市を巡回し底辺拡大と絵画の魅力をアピールしていること。今回は、これまでの招待作家17人が34点を出品、具象展の実行委員の出品作を合わせて豪華な内容。
 初日の17日に、道内と本州からの招待作家14人によるアーティストトークとオープニングパーティーが行われ、多くのファンでにぎわった。
 実行委員会では「道内外で注目度が高まっている。10回展まで考えたい」としている。

 観覧料一般700円、高・大学生400円、中学生以下無料。

 札幌市中央区北1西17、道内近代美術館で29日まで。26日まで三越9階画廊で小品展も。

 ◆写真は、展示されている個性豊かな大作
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ