~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

83点を展示歩みたどる 『渋谷 栄一銅版画回顧展』

 
 昨年8月12日、82歳の生涯を終えた作者の歩みをたどる作品展。1958年のモノクロ調の作品から02年の花びんの『小さな実』まで銅版画58点、小口木版10点、カラーコピーの抽象作品15点の合わせて83点が展示され、在りし日をしのんでいる。
 渋谷さんは、1928年帯広市生まれ。道学芸大学札幌分校を卒業、日本版画協会展、全道展、春陽展で相次いで受賞、2001年には紺綬褒賞を受賞した。
 本道銅版画界の草分け的な存在で、1965年から66年、71年から72年にはフランスの工房で研修した。
 札幌を始め東京、京都、パリなど各地で個展を開き、03年には道立帯広美術館で『十勝の新時代 渋谷栄一展』が開かれた。
 回顧展は、制作年代順に人物、パリなどの洗練された海外風景、抽象的な銅版画のほか小口木版、幻想的なカラーコピーなどが展示され、おう盛な取り組みを物語っている。
 遺族宅は、札幌市西区渋谷美求さん方。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで4月1日まで。

 ◆写真は、2001年制作の銅版画 『PARIS(シテ島とポンヌフ)』
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ