~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

飛行機の悲劇の歴史描く 『山崎 亮個展』

 
 「空からの風景」をテーマに主に青空の中を飛ぶ飛行機、飛行船を描いた大きなスケールの油彩26点を発表。3号から130号で100号以上が6点。1976年に初個展を開いて以来隔年で開催、今回が19回目。
 飛ぶ飛行機とは言っても明るく楽しいテーマではない。むしろ淋しく悲惨な歴史性が込められている。
 かつての特攻機を描いた『神風1号』(3号)から墜落した日航機の『御巣鷹山の夏』(130号)、さらに砂漠に墜落した双発機の『風の墓標』(6号)…どの作品にも飛行機の悲劇が描き出されている。
 世界の空を飛び続ける飛行機…戦争や事故で悲しい運命をたどった歴史が数多くあることを改めて認識させられる。
 細密で入念な描き込み。そして雄大な展開である。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで19日まで。

 ◆写真は、2度と帰らなかった特攻機を描いた油彩 『月光の夏』(100号)


 P1020975_convert_20120518100314.jpg  山崎 亮(やまざき・りょう)さん
 道高等聾学校専攻科情報デザイン科教諭を来年3月定年退職する。従って現職での個展は、今回が最後。もともとは人物がモチーフだった。「空からの風景」は04年から。大学時代に道展に初出品して受賞、卒業した年に初個展を開いた。道教育大学札幌校卒。道展会員、道教職員美術展企画委員。1952年旭川市生まれ。札幌市西区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ