~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

過去の思いを大作に 『八重樫 眞一展』

 
 「これまで歩んで来た過去には、いろいろな思いがあり、新たな出発点にしたい」―。今年3月、札幌・発寒中学校を最後に38年間の教職生活を終えた記念展。50号以上7点の大作を中心にストーリー性を秘めた油彩23点を発表。08(平成20)年以来4年ぶりの個展。
 「記憶との再開です」。学生時代から教職生活を通して多くの思い出がある。それを描いた人物と風景を通して思いを新たにしている。
 大作『雨の通り』は学生時代のアトリエ、札幌の電停や円山公園、『遥かな空より』は横たわる人物の向こうに風にゆれる木々…広々とした構図の中に雨、風、木々の風景、考え込むような人物を描き込み、過去に思いをめぐらせている。
 歩んで来た道を“風景”で再現している。しかも雨が降り、風が強い。歩んで来た過去から新たな歩みへの思いが伝わってくる。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで11日まで。

 ◆写真は、油彩の『雨の通り』(150号)


 P1030249_convert_20120808103954.jpg  八重樫 眞一(やえがし・しんいち)さん
 「形にないものを絵にしています」。深いマチエールで執ような描き込み。初個展は1985年。道展で94年新人賞、95年佳作賞。2000年会友賞。道教職員美術展で95年、97年特選。道展会員。岩手大学教育学部卒。1952年札幌市生まれ。同市手稲区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ