~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

大きなスケールで詩情豊かに 『村谷 利一風景画展』

 
 「4~5年前から取り組んでいる」という石狩川河口の風景を描いた油彩を中心にB、C2室に45点を発表。残雪の初春の光景で、海に向かって伸びる1本道が印象的。通算11回目の個展。
 空気の澄んだ空、残雪の中の1本道、森閑とした情緒…砂浜の流木や雪に囲まれた家を描いたのもあるが、大きなスケールで石狩川河口の光景を詩情豊かに展開した作品が心をとらえる。
 中心は初春の河口の風景。大作『道(石狩)』『灯台への道』は海へ向かって伸びる1本道を中心に残雪の光景を澄んだ色彩で堂々描き上げている。春の訪れを告げるような温かさもある。
 1本道は、単なる風景ではなく何かを暗示するようなストーリーを感じさせる。入念な描き込みの具象の美である。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで25日まで。

 ◆写真は、雄大なスケールの油彩 『河口の残雪』(100号)


 P1030287_convert_20120824094613.jpg  村谷 利一(むらや・としかず)さん
 現場主義で具象の美を追究している。1999年札幌稲陵中学校長を最後に36年の教職生活を終えた。道展で82年佳作賞、道職員美術展で80年に特選。道学芸大学(現道教育大学)札幌校特美卒。道展会員。1938年小樽市生まれ。札幌市北区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ