~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

本道の風景を雄大に 『関 建治個展』


 本道の風景を描き続けて40年―。今回も「四季の陽射し」をテーマに道内各地の四季の風景を描いた油彩23点を発表。大きなスケール、澄んだ空気感で描き風景絵画の魅力を堪能させる。
 現場主義。冬の寒い時でも現場で筆を手にする。それだけに臨場感がある。
 十勝、知床、函館、富良野…描く風景は広範囲。しかも季節感に富み、明るい日差しが広がり、すっきりとした空気感。色彩に濁りがない。
 春を待つ残雪の知床、広がる上富良野の麦畑、山側から展望した小樽港…雄大なスケールで入念に描き込んでいる。これだけ徹底して道内の各地を描く作家は数少ない。

 札幌市中央区南1西3、さいとうGalleryで23日まで。

 ◆写真は、今年の白日会展に出品した油彩 『春待つ知床』(120号)


 P1030405_convert_20120920103627.jpg  関 建治(せき・けんじ)さん
 「描けば描くほど自然の深さを知らされます」。同じ現場へ何度も行く。初個展は01年。昨年「広報ほくれん」の表紙絵を1年間担当、その原画も展示している。00年に恵庭市立和光小学校長を最後に教職を終えた。白日会会友、水彩グループ楡の会主宰。道学芸大学函館校卒。1939年函館市生まれ。恵庭市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ