~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

風格と気品の陶芸 『もみじ窯香西信行作陶展』

 
 「徹夜、徹夜の連続でした」―。今年、穴窯で2回、登り窯で1回焼き上げた気品と風格の各種作品を会場いっぱいに出品、陶芸の魅力を見せている。札幌だけで92(平成4)年以来連続19回目の個展。
 穴窯ではカラ松材を6日から7日、登り窯でも3日は焚き続ける。その量は、穴窯だけで家3戸分が建てられるくらいの量という。
 作品は焼き締めによる各種家庭用品から大壷、白い化粧土による粉引きの作品まで多彩。1300度を超えるまでに温度を上げて焼く穴窯での作品は、木炭が降りかかる度合いによって生じる窯変が微妙な文様と色合いを生み出し神秘的。
 大作『自然灰窯変大壷』は堂々たる風格。大小の皿、水指、茶わんといった家庭用品も深い味わいがある。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラルスカイホールで21日まで。

 ◆写真は、堂々とした風格の『自然灰窯変大壷』


 P1030532_convert_20121018172039.jpg  香西 信行(こうさい・のぶゆき)さん
 「来年の20回記念展には、レリーフも出品したい」。1995年に自力で穴窯を築窯。2010年にアメリカ・ワシントン州、オレゴン州などで窯焚きの指導もした。00年に道銀芸術文化奨励賞を受賞。11月1日からくりやまカルチャープラザ「EKI」で移動展を開く。1951年札幌市生まれ。穴窯・陶房は空知管内栗山町。


スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ