~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

原始性テーマに大作 10点 『杉吉 篤展』

 原始性テーマに大作 10点

『杉吉 篤展』

 木片を思わせる顔、骨だけの足、鉄製パイプの角…動物の生命誕生の秘密や経過を示すような作品10点を発表。03(平成15)年の全道展で会員推挙になった作品から近作までをそろえ独自性をアピールしている。1981(昭和56)年の初個展以来29回目の個展。
 「原始性がテーマです」。『遠い記憶』をタイトルにアクリル絵の具で描いた大作は、馬のような、牛のような何とも不思議なフォルムで化石を連想させる動物が、白っぽい空間に画面いっぱいに浮き出るように描かれている。
 いずれも無機質で無表情。だが何かを訴えるような雰囲気がある。
 作品 『消えた惑星』 は顔は木片、角は鉄製のパイプ、『生きる』 は口に丸太状の木、頭には木の葉、『進化』 は板状の顔、足も胴体も骨、中には亀の甲羅を背負ったような動物も。それらがシンプルに、乾いたような深い質感で入念に描かれている。
 「インパクトがあり分かりやすい絵を心がけている」―。描かれている想像の世界の動物たちから、生命の起源を考えさせている。

 札幌市東区本町1条1丁目、茶廊法邑ギャラリーで2月7日まで。

 ◆ 写真はアクリル絵の具による作品 『進化』 (100号)

 すぎよし あつしさん
 かつてはカラフルで楽しい雰囲気の作品を発表していた。02(平成14)年に自由美術展で佳作賞を受賞した作品から原始的な“動物シリーズ”に。「記憶以前の記憶です」。1979年から1年間フランスに滞在、帰国した翌年から個展、グループ展で発表。個展は東京でも。全道展で1984年佳作賞、86年と87年に奨励賞。URBANART展で1992年リキテックス賞、95年北エリア賞。さっぽろ美術展、寒別グランドアート展(倶知安町)などに出品。墨絵画家の杉吉貢氏(滝川市)は実兄。全道展、自由美術協会会員。1960年空知管内由仁町生まれ。札幌市白石区北郷3条8丁目4の5の403。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ