~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

74人が多彩に 『12―13展』


 さいとうギャラリーが年末年始に開いている企画展で今回が18回目。総勢74人が油彩を中心に日本画、版画、半立体の作品などを出品、にぎやかな展示に。

 作家は札幌とその近郊を中心に旭川、岩見沢、小樽各市や稚内市からも。夫婦、親子もいる。

 大みそか、初夢、たこ揚げといった年末年始をイメージさせることがテーマだが、何故かあまり関係ないと思われる作品が多い。

 その中で阿部典英さん(札幌)の『ヘビくんとヘビさん』は酒をくみ交わす表情をユーモアたっぷりに、白鳥洋一さん(同)の『サッポロの日の出』は真っ赤な朝日が輝き、泉修次さん(同)の『平成25年度開運おみくじ』は、実際におみくじを引くことが出来る…なとせ楽しい作品。

 高橋英生さん(稚内)は、本物のヘビの抜け殻で来年のえとである「巳」を表しリアル感がある。

 サイズは、50×50㌢以内だが作家の個性が伝わってくる。

 札幌市中央区南1西3、さいとうギャラリーで1月6日まで。(24日、30日~1月1日は休館)。



 ◆写真は、展示されている数々の作品 



スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ