~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

個性豊かに油彩17点 『亀井由利・柴崎康男2人展』

  P1030710_convert_20130108103405.jpg
 共に新道展会員で「35年になる」という旧知の仲の2人が、合わせて17点の油彩を発表。具象を基調にしながらも亀井さんは抽象画、柴崎さんは風景を堂々としたスケールで描き、違いを見せている。
 亀井さんは、公募展ではモノクロ調の抽象構成の大作が中心。今回も銀ぱくを使ったモノクロの作品もあるが鮮やかな色彩のコントラストの作品が人目を引く。作品『赤い闇』『街』は、赤と黒の色彩が印象的であり、しかも空間の生かし方が効果的。
 柴崎さんは、画面いっぱいにひしめき合うような港の船と冬の『地球岬』など風景を深い質感で力強く描き上げている。「冬が好き…」で白を生かしながらもブラックブルーが自然の厳しさを強調している。
 港の船が重なり合うように描いた『暗い港』は重厚なタッチ。空気感が伝わってくる。
 共に精力的な取り組み。3月に亀井さんは北広島、柴崎さんは札幌で個展を開く。
 そろって1952年室蘭市生まれ。亀井さんは札幌市、柴崎さんは伊達市在住。

 札幌市北区北8西1、石の蔵ぎゃらりぃはやしで15日まで。


 ◆写真は、亀井由利さんの油彩『咲く』(8号)=左=と柴崎康男さんの『暗い港』(50号)=右=

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ