~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

「生と死」テーマに大作 『川本ヤスヒロ退職記念展』

 
 北海高校の美術部顧問として28年間勤務、今月末で退職する作者が、100号から500号の大作の油彩6点を中心に12点を発表。深い内面性の追及と気迫の筆勢の作品が、退職を飾っている。05年以来の個展。
 画壇に多くの作家を送り出して来た。制作のテーマは『生と死』。しゃれこうべを主なモチーフにリアル感と共に生と死の有り様を問いかけている。
 新たな展開の『繋(つながる)』とベートーベンの『第九』のシリーズは、深いマチエール、動的なタッチ、豊かな色彩で展開、迫力のある取り組み。大作『第九を聞く2人』は、画面に男女の顔、『第九を聞くしゃれこうべB』の背景は真っ赤な色彩などストーリーが込められている。
 『繋』のシリーズは、複数のしゃれこうべを通して親族のつながりを強調している。
 隣室では、北海高校美術部の創部100周年記念展が開かれ、現役、OBら64人の作品が展示されている。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで17日まて。

 ◆写真は、大作の油彩 『第九を聞く2人』(500号)


 P1030858_convert_20130314110738.jpg 川本 ヤスヒロ(かわもと・やすひろ)さん
 1985年から北海高校で指導。退職後も嘱託として指導を続ける。釧路北陽高校時代から全道展など公募展に入選、大学時代に奨励賞や知事賞を受賞。卒業した翌年の1976年に初個展。以来数多く東京でも。今回の新作は『第九』を聞きながら描いた。全道展会員、石狩美術協会事務局長。道教育大学札幌校美術専攻科修了。1950年釧路市生まれ。石狩市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ