~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

生命感と迫力感に富む大作 『高橋 伸展』

 
 6月26日からロシア・ノボシビルスク市で個展を開く作者が、200号の油彩3点を中心に大作14点を発表。裸婦を描いた作品は生命感に富み、風景の作品は大きなスケール。2007年に次ぐ個展で発表は数多い。札幌武蔵野美術学院院長で若いアーティストを育てている。
 作品は裸婦像と風景。裸婦像は宵の札幌や中国・上海の街、さらに原野を背景に白い裸体が浮き出るように描かれている。しかも、前方を鋭く見つめており、迫力感と共に生命力がみなぎっている。何かを訴えているようだ。
 風景は冬の『ウトナイ湖』、落日の『原野』など空気感に富み、堂々としたスケール。「ロシア展を意識して描いた」という。
 札幌の『大通公園』は、全体がイエロー調。女性像には黒系を生かすなど独自の感性を見せている。力強い筆勢である。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで13日まで。

 ◆写真は、大きなスケールの油彩 『ウトナイ湖』(100号)


 P1040008_convert_20130411103311.jpg  高橋 伸(たかはし・しん)さん
 ロシア展は、ノボシビルスク国立美術館で開かれ、6月27日には講演会も。3月に12回展を開いたサッポロ未来展を全面的に支援している。独立展で独立賞、中山賞、現代美術の祭典で優秀賞、アジア芸術祭2000でグランプリ受賞など多数。独立展会員。武蔵野美術大学卒。1950年苫小牧市生まれ。千歳市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ