~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

67人が記念展を飾る 第100回記念 『北海高校美術部どんぐり会展』

 67人が記念展を飾る 第100回記念

『北海高校美術部どんぐり会展』

 北海高校美術部・どんぐり会展が1915(大4)年9月に第1回展が開かれて以来、今回で100回目となった記念展。卒業生と美術部顧問51人、生徒16人が油彩を中心に水彩、日本画、銅版画、彫刻合わせて83点を出品、記念展を飾っている。記念誌も発刊、開会初日の9日に記念展の会場で祝賀会も開かれた。
 どんぐり会展は、学校の美術部活動としては、北大黒百合会展に次ぐ歴史を誇り本道画壇に多くの作者を送り、影響を与えている。現役の美術部員も学生美術全道展、有島青少年絵画展などに入賞・入選し、勉学の成果を発揮している。
 記念展では、どんぐり会で指導の傍ら本道画壇で活躍した本郷新、菊地又男、坂坦道、栃内忠男各氏(いずれも故人)の作品を始め現在全道展、新道展、道彩展や個展、グループ展で活躍しているOBの方々の作品が展示され、在りし日をしのばせると共に、存在感が強調されている。
 学生の出展は油彩25点、銅版画7点。油彩では、昨年の学生美術全道展で奨励賞を受賞した金澤凌さん(2年) 門田結衣さん(同) の大作は、力強い筆勢で個性豊かに描いている。どの作品も入念な描き込みである。
 顧問の川本ヤスヒロ先生は、油彩のほか石狩市に開窯している『花川窯』で焼成した容器や皿なども出品、入場者は思わず手にしている。
 北海高校は、今年創立125周年記念でもある。

 ◆ 写真は、展示されている数々の写真

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで14日まで。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ