~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

350点で歩みたどる 『生誕100年彫刻家佐藤忠良展』

 

 戦後日本の具象彫刻界を代表する佐藤忠良氏の生誕100年と戦後1年を区切りにした大がかりな展覧会。代表作の彫刻(ブロンズ)約70点を始め油彩画、水彩画、デッサン、以来を受けて制作したメダルなど合わせて350点が展示され、創作の歩みを振り返っている。
 同氏は、1912(明治45)年宮城県生まれで、7歳の時に夕張に移住。札幌第二中学(現札幌西高)に入学、20歳で絵画を勉強するため上京するまて札幌にいたことから本道とのかかわりが深い
 今回の札幌での展覧会は、同氏が2011年3月、老衰のため98歳の生涯を終えてから初めての大規模な内容。
 第1章「写実の探求」から第10章「人間・佐藤忠良」までブロンズの彫刻を中心に1942(昭和17)年頃ペン、水彩で描いた作品『母』から油彩、絵本原画や雑誌の表紙絵などから絶筆となった2011年1月の鉛筆・クレパスで描いた『山茶花』まで多彩。
 札幌芸術の森美術館・佐藤友哉館長は「佐藤忠良の決定版」と語り、具象彫刻界をリードしてきた全容を浮きぼりにしている。
 札幌芸術の森美術館に佐藤忠良記念子どもアトリエ、宮城県美術館には佐藤忠良記念館がある。


 札幌市南区芸術の森2-75、札幌芸術の森美術館で5月26日まで。観覧料一般1000円、高・大学生600円、小・中学生400円。



 ◆写真は、展示されているブロンズの『ポケット』(右)など
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ