~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

60人が76点を発表 『北の日本画展』

 
 本道の日本画の普及と振興を目的に、1986年に第1回展を開いて以来今回で28回目。17人でスタートしたが、川井坦代表ら60人が6室に76点を発表、個性を競っている。
 作品はバラエティーに富んでいる。具象のを追究しながらも心象性から抽象的な構成まで多彩。
 石川浩子さんの『キバナシャクナゲ咲く旭平』、宇野明輝さんの『朱景』といった具象の風景から千葉晃世さんのモノクロ調の抽象作品、池田さやかさんの『荒れる海と雷鳴にきりきり舞いする』、駒澤千波さんの『逢いたくて』などストーリー性を秘めた取り組み、さらに小梁川貴子さんのクレマチスが画面いっぱいに揺れる『夏へ』…感性豊かな作品が競い合っている。
 今年は、新たに柿崎愛さん、久守圭子さんが加わった。特別なテーマはなく、自由な発想と創造力に富む作品が楽しめる。
 6月2日から移動展が深川アートホール東洲館で開かれる。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで25日まで。


 ◆写真は、山本政彰さん(札幌)の日本画 『詩』(30号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ