~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

16人が具象絵画の美 『第14回“グループ環″絵画展』

 
 美術団体や地域の枠を超えて具象絵画の美を追究しているグループの作品展。2000年に13人のメンバーで第1回展を開いて以来連続14回目。今回は、16人が油彩を中心に水彩も含めて具象の美の魅力を見せ、訪れるファンの心を捉えている。
 「垣根を取り払い、親しまれるグループ」をモットーに、それぞれが感性豊かな作品32展を発表。30号から50号が中心。
 第1回展からのメンバーは香取正人、中村哲泰、中吉功、萩原勇雄、横田章さんの5人。今回から枝広健二、藤井高志さんが加わった。全員が公募展、個展で存在感を発揮している。
 水彩は岩佐叔子、青野昌勝、平原郁子さん。
 風景をモチーフにした力作が印象的だが、人物を中心にした作品も増えてきた。
 風景では香取さんの『小樽運河』が個性豊かであり、同じ運河でも猪狩肇基さんの油彩は静寂な情緒。中吉さんの『港A』は幻想的なムード、風景は、どの作品も大きなスケール。空気感がある。
 岩佐さんの人物画はストーリー性を秘め、佐藤光子さんの油彩『母の日記』は思いが込められている。
 具象絵画のファンが多く、今年も延べ約1500人の入場者が見込まれている。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで16日まで。


 ◆写真は、横田章さんの油彩 『サンゴ草に風わたる』(50号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ