~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

本道の風景の魅力存分に 『越澤 満回顧展』

 
 道展、一水会、グループ“環”で存在感を発揮しながら2010年11月、78歳の生涯を終えた作者の回顧展。1954年の自画像から札幌市西区の初冬を描いた未完成の絶筆まで60点のほか、多数のスケッチ集が展示され、在りし日をしのんでいる。
 生前「北海道百景を描くのが夢」と語っていた。道内各地を回り四季の表情を生き生きと、雄大なスケールで展開していた。
 1953年に19歳で道展に初入選、以来一水会展でも入選・入賞し、71年には日展にも入選、本道の具象絵画の作家集団、グループ″環“の創立会員でもあった。
 個展も数多く、03年には東京で古希記念展を開いた。
 徹底して本道の風景を描いた。「人があまり行かない所を描く」を信条にしていた。
 出展の中心は『石狩晩秋』(1997年) 『冬の積丹浜』(93年)など秋から冬を描いた大作だが、画面の半分は空を描いた『夏の能取湖』(98年)など四季の表情をダイナミックに生き生きと描き上げている。
 サハリン、イタリアの作品もあるが、風景絵画の魅力を存分に見せている。

 1932年岩見沢市生まれ。遺族宅は札幌市西区。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで30日まで。


 ◆写真は、亡くなる少し前に描いた油彩 『雪の西野路』 (30号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ