~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『北海道の風景を詩情豊かに』 ~藤倉 英幸と旅のイメージ展~

 『北海道の風景を詩情豊かに』

~藤倉 英幸と旅のイメージ展~

 JR北海道の車両月刊誌 『THE JR Hokkaido』 の表紙絵を1992(平成4)年5月号から担当、以来昨年12月号に描いた 『暮れの雪』 で200回となった。道内各地の風景を季節感に富み情緒豊かに描いた。その中から選んだ原画60点をそろえ、美しい色彩と詩情で北の大地の魅力を堪能させている。
 表紙絵を描き続けて足掛け18年。道内各地の春夏秋冬の情景を、さわやかに、ロマンチックに、そして優しい色彩で描いた作品で旅行者を和ませてきた。
 「原画60点を展示したのは初めて。北海道の魅力を伝える事が出来れば本望」という今回の作品展は、道立文学館が企画した。
 作者は、洋紙を切り、張り合わせ、さらにアクリル絵の具で彩色する独自の手法。1994(平成6)年2月号の 『冬の夜』 は森閑とした冬の情緒、2000年7月号の 『青い海峡』 は函館の教会から真っ青な海を望む、05年6月号の 『緑の丘』 は広々とした美瑛…メッセージも書かれており一層旅情を誘う。
 同展は4月16日から6月9日に道立帯広美術館、9月11日から10月11日に市立網走美術館で開かれ、6月に木田金次郎美術館(岩内町)でも予定されている。
 札幌市中央区中島公園1の4、道立文学館で3月22日まで。

 ◆ 写真の絵は今年1月号を飾った 『小さな漁港に雪が降る』

  P1000035_convert_20100215101648.jpg  ふじくら ひでゆきさん
 1991年制作のJR学園都市線のポスター8点のほか製作用具、道内各地を取材した写真や下絵の一部、月刊誌の表紙そのものと特集記事なども展示。「下絵を公開するのは初めてです」。作品集も発刊された。印刷会社、広告代理店勤務を経て1974年フリーのイラストレーター、デザイナーとして独立。個展は数多く今年も5月と7月に札幌で開く。作品集に 『北を旅する』 『四季彩紀行HOKKAIDO』 などがありHBC、札幌信金などのカレンダーの原画も担当。岩内高卒。1948年岩内町生まれ。札幌市手稲区新発寒3条1丁目6の12。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ