~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

本道の風景を情緒豊かに 『藤倉 英幸作品展』

 
 5冊目の作品集『静かな風を聴きながら』の発刊記念と今年65歳を迎えたのとJR北海道の社内月刊誌の表紙を描き続けて20年、さらに今回展の会場であるJRタワー開設10周年…それらの思いを込めた記念展。道内各地の四季を情緒豊かに描いた作品105点を出品、北のロマンが広がっている。
 作品は、洋紙のはり絵を中心に水彩スケッチも。一貫して本道の四季を描いており「風、音、気温、匂いなどそこで感じた光景や雰囲気を作品にしている」という。
 『サンゴ草色づく頃』『礼文の島から』『流氷のウトロ』…広々とした光景を明るく鮮やかなコントラストで描いている。しかも優しい雰囲気。
 本道の風景を、より魅力的に展開した“北海道讃歌”である。

 札幌市北区北5西2、札幌エスタ11階・JRタワーブラニスホールで27日まで。

 ◆写真は、はり絵の作品 『幣舞橋から』


 P1040556_convert_20131021101201.jpg  藤倉 英幸(ふじくら・ひでゆき)さん
 個展、グルーブ展は数多いが、出品点数が100点を超えたのは今回が初めて。1974年、26歳でイラストレーターとして独立以来40年。今回の作品集には、道内の63景が収められている。11月28日から有島記念館(ニセコ町)小原脩記念美術館(倶知安町)でも開かれる。1948年後志管内岩内町生まれ。札幌市手稲区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ