~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

95歳の鈴木さんが初入選 『第88回道展』

 

 本道の公募展の最後を飾る道展(北海道美術協会主催、西田陽二事務局長)が始まり、一般公募の入賞・入選作品を始め会員、会友の作品合わせて554点が全館に展示され、力量を競っている。最高賞の美術協会賞は、札幌市、佐藤あゆみさん(27)の工芸『ここにいたい』に贈られた。工芸部門の作品が選ばれたのは、第69回展以来19年ぶり。
 作品は日本画、油彩、水彩、版画、彫刻、工芸の6部門。今年は油彩の294点を始め合わせて554点が搬入され、入選は半数以下の264点という厳しさだった。
 いずれも感性豊かな大作、力作。「年々若手の進出が増えている」(事務局)中で、95歳の鈴木茂春さん(札幌市)が水彩画を初出品して入選、話題を呼んでいる。
 協会賞以外の主な受賞者は下記の通り(敬称略)

 [佳作賞]▽日本画 内崎さき子(江別)柴田那奈 ▽油彩 川上直樹(札幌)能和暁(小樽)中村國夫(旭川)佐藤宏茂(室蘭)佐藤菜摘(岩見沢)山崎麻乃(岩見沢)藤本太志(東神楽)遠藤佳代子(新冠) ▽水彩 吉田誠(札幌)中野弘基(赤平) ▽彫刻 山川英輝(札幌) ▽工芸 渡邊久美子(釧路)宮竹眞澄(東川)

 [新人賞]▽油彩 大澤朋代(札幌)山崎愛彦(同) ▽水彩 浩而魅諭(札幌) ▽版画 匂坂敏郎(帯広)外川篤司(別海) ▽彫刻 高橋和加奈(岩見沢)佐々木美喜(登別) ▽工芸 小山七郎(札幌)

 27日午後6時半からニューオータニイン札幌で授賞式・懇親会が開かれる。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで11月3日まで。

 ◆写真は、協会賞を受賞した佐藤あゆみさんと鉄線による作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ