~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

77人が多彩な作品 『13~14展』

 
 巳(み)年から午(うま)年へ。行く年を振り返り、くる年に思いを込めた今回で19回目の企画展。昨年より3人多い77人が多彩な作品を出品、楽しい内容になっている。サイズは50×50㎝以内。
 出品者は、道内在住で美術団体にはかかわらず自由な雰囲気。2組の夫婦、1組の親子も。札幌市内在住を中心に小樽、岩見沢、旭川、深川、稚内など幅広い。
 油彩を中心に日本画、水彩、版画、立体、陶芸と多彩。
 「行く年、くる年」のテーマにはあまり関係なさそうな作品もあるが、白鳥洋一さんの真っ赤な夕日が沈む『さっぽろ絶景』、下田敏泰さんの札幌市内を馬車が行く『午後の初夢札幌に馬車を』、亀井由利さんの赤い空間に黄金の球体が浮く『正月』など、年末年始の情緒を盛り上げている。
 佐久間敏夫さんの『白牡丹』など花を描いた作品が多く新春らしい。油彩の水戸麻記子さんが初出品。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで新年1月5日まで。(23日、30日から1月1日休廊)。


 ◆写真は、阿部典英さんの作品 『ウマくんとウマさん』
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ