~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

書の美と魅力を堪能 『桑原翠邦の書流特別展』

 


 8月1日オープンした小原道城書道美術館の第二期特別展。帯広市出身の書家、桑原翠邦(1906~1995)の作品23点と屏風2点を中心に翠邦の師である大塚鶴洞、比田井天来、その師の日下部鳴鶴、さらに翠邦の門流の10人の作品が展示され、書の美と魅力を競っている
 桑原翠邦は、90歳で亡くなっており、その高潔な人柄から天皇家の書道講師を務めたことでも知られている。
 本名は清美。翠邦は雅号だが『魚目(ぎょもく)』の雅号で多くの作品も残している。20歳代から晩年の作品まで展示され、晩年の作品には『八十八』『八十九』などの年齢が書かれている。
 書風は若々しく、気品がある。清そな印象を与えている。
 門流の10人は藤根星洲、村上北海、柴田蕙山、藤根凱風、桑原呂翁、山田太虚、小原道城、立野大秋、山田北翠、土橋北海の皆さん。翠邦からどのように学び、影響を受けたのか―も興味深い。
 これらのほか、『中国・龍門二十品拓本展』と亀甲・獣骨丈、青洞器が展示されている。


 入場料300円(大学生以下無料)。毎週火曜日と12月29日から1月3日まで休館。


 札幌市中央区北2西2、セコム損保札幌ビル2階、小原道城書道美術館で26年3月28日まで。


 ◆写真は、展示されている桑原翠邦の作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ