~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

光とさわやかな空気感 『酒井 芳元水彩画展』




 「北海道に住んでいなければ描けない絵を」―。冬から秋の各地の風景を朝の光とさわやかな空気感で描いた作品を中心に花や海外の風景を描いた水彩画35点を発表。毎年個展、グループ展で発表「今年中にもう一度個展を開きたい」。
 高校2年生で三軌会展(東京)に入選以来絵画ひと筋。今年で37年。その作品は、光りを重視し、しかもさわやかな空気感で描き上げている。
 光は朝が良いという。作品『冬の光』は雪原に木々の影が長く伸び、『冬山と雪原』は朝やけの光景であり、『白梓の林』は、朝の光りが斜めに差し込み、森閑とした情緒。色彩の透明感も魅力。
 海外の風景『プラハ高台からの眺め』『ウィーン街』などは異国情緒に富み、バラの花は画面いっぱいにコントラスト豊かに描いている。
 達者な筆勢である。


 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で16日まで。


 ◆写真は、水彩画『冬の光り』





 P1040838_convert_20140213113648.jpg  酒井 芳元(さかい・よしもと)さん
 「絵を描かない日はありません」。描くのも早い。「光りの様子を現場でよく見ます」。高校2年から三軌会展ら入選を続け1988年安田火災美術財団奨励賞、92年三軌展奨励賞を受賞。個展は東京、京都でも。絵画教室で150人を指導している。三軌会会員。東海大学芸術学科卒。1960年倶知安町生まれ。札幌市西区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ