~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

水彩画の魅力を競う 『道彩会会員会友展』

 
 北海道水彩画会(小堀清純代表)の第33回会員会友展。合わせて71点が3室に展示され水彩画の魅力を競っている。10号から50号。
 作品は風景、花、人物を中心に抽象的な展開もあり多彩。描く楽しさ、喜びを感じさせる。その中で木田喜重さん(札幌)の『赤秋』が、時計台ギャラリーが出賞する「みず賞」を受賞した。
 花を描いた大原美智子さん(紋別)の『年の始めに』は画面いっぱいにユリの花を生き生きと、新会員・菅原策夫さん(札幌)の『カサブランカ』はリズミカル…な描き込み。
 風景では、黄倉和子さん(江別)の森閑とした空気感の『さむい朝』、中井久美子さん(札幌)の厳しい冬の情景の『道』が印象的。
 当然のように具象作品が中心だが抽象構成の栗山巽さん(江別)の『宙―14』、小林ゆかりさん(同)の『大地』は独自の感性をみせている。
 今年の公募の第34回道彩展は、8月に札幌市民ギャラリーで開かれる。昨年は264点の応募があった。どのような大作を見せてくれるのか楽しみにしたい。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで3月1日まで。


 ◆写真は「みず賞」を受賞した木田喜重さんの作品『赤秋』(40号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ