~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

震災の惨状生々しく 『伊藤 光悦展』

 
 〈3・11の地に立って…〉をテーマに、東日本大震災で見た惨状を描いた油彩、スケッチ合わせて24点を出品、改めて悲惨さを浮き彫りにしている。スケッチ13点は初めて発表した。個展、グループ展は数多く、5月に東京・銀座、11月には再度札幌で開く。
 震災が発生した年の秋と昨年の春、福島県などを訪れた。「初めて訪れた時は、衝撃でスケッチも出来ず、カメラも向けられない程だった」。その惨状を入念に生々しく描き込んでいる。
 スケッチは、淡彩だけではない。油絵の具、アクリル、色鉛筆などを駆使して深いマチエールでリアル。石巻市の『瓦礫推積場』、残がいの街『釜石市街地を通る』、陸前高田郊外の『稔りの無い畑』…改めて悲惨さを訴えている。
 油彩では「生きる力をもらった」という作品『営業中』が印象的。沿岸沿いポツンと1軒、生き残った理髪店が生命を象徴している。


 札幌市東区本町1-1、茶廊法邑で16日まで。


 ◆写真は、油彩の『営業中』(120号)





 P1040907_convert_20140313151128.jpg  伊藤 光悦(いとう・こうえつ)さん
 「野原には倒壊の家や車が至る所に放置され、すさまじかった」。道展、二紀展で次々と受賞。初個展は1985年。02年に絵筆を手にして30年の回顧展を開き画集も。道学芸大学(現道教育大学)卒。二紀会委員、日本美術家連盟会員。1942年夕張市生まれ。北広島市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ