~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

14人が抽象の美競う 『北海道抽象派作家協会展』


 1973年に結成展が開かれ、翌年74年に第1回展を開いて以来連続41回目の協会展。公募展ではなく抽象派作家有志による企画展。こうした取り組みは全国的にも珍しいと言われている。
 同人11人と推薦作家3人の14人が多彩な作品を出品。このうち事務局の今荘義男さんと佐々木美枝子さんは第1回展からのメンバー。今回柿崎秀樹さんが初出品している。
 「搬入してみなければ、誰がどのような作品なのか分からない」という大作、力作は平面、立体…とバラエティーに富んでいる。
 田村純也さんの石と板によるインスタレーション(3×3)は黒を基調にした立体作品が風格を漂わせ、後藤和司さんは『緑のScene14』は緑のキャンバス16点を組み合わせ、佐々木美枝子さんは大小8点を特別出品するという意欲振り。
 初出品の柿崎さんのは「制作に1年2か月かかった」という繊細な描写力の平面。
 今荘さんの『古里』シリーズ、三浦恭三さんの『連鎖』シリーズなど感性豊かな抽象の美が会場いっぱいに広がっている。


 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで20日まで。


 ◆写真は、展示されている立体、平面の抽象作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ