~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『色鮮やかに染めのアート』 ~千引 えみこ作品展~

 『色鮮やかに染めのアート』

~千引 えみこ作品展~

 「制作に時間がかかるけれど、4ヵ月程で仕上げた」という色鮮やかな染めの作品45点を発表。モチーフの中心は『花』。多彩な色彩を表情で表現、会場は華やいだ雰囲気に。はがき大サイズから60㌢×11・5㍍。キャリア 7年で通算3回目の個展。
 白い木綿の生地にロウで線を引き、色を変えながら染料で染め、定着液につけてから水洗いをして乾燥させる―この工程を何回も繰り返して作品を仕上げるという手間のかかる手法。
 当初は、インドネシアの伝統的な『バティック』と呼ばれる染の技法を学んだが「今では独自に好きなようにやっています」。ロウケツ染めの分野ともいえる。
 作品は、花の世界。明るく鮮やかな色彩。バラ、カラーを染めた作品もあるが多くはイメージの花。それを風に揺れるように生き生きと表現している。
 昨年5月、還暦を迎えた記念の大作は、真っ赤な空間に白で縁取られた赤い花が画面いっぱいに広がり、また黄色い空間にはワインカラー調の花、ブルー調の中には赤い花…など色彩のコントラストが美しいる現代的な感覚である。
 札幌市厚別区厚別中央2の5、デュオ2、新さっぽろギャラリーで3月1日まで。

 ◆ 写真は、鮮やかな色彩の染めの作品

  P1000165_convert_20100225164304.jpg  ちびき えみこさん
 「ロウの線引き、染めは失敗したらやり直しがききません」。制作にはロウを溶かす電気を始めガス、水道も必要。溶かしたロウはインドネシアで使われているチャンテインと呼ばれる容器に入れて線を引く。4月1日から札幌の石の蔵ぎゃらりぃはやしでも個展を開く。札幌北斗高校時代は美術部に所属、油絵ほ描きボタニカルアートも。1949年後志管内岩内町生まれ。札幌市西区宮の沢2条1丁目12の5。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ