~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

傘寿記念で31点 『遊佐 春哉日本画展』

 
  個展30回、しかも今年傘寿を迎えた記念展。「丹頂の世界」をテーマにうちわから80号の大作まで丹頂を描いた日本画を中心に31点を展示、優雅な情緒を広げている。
 秋から冬の季節の中で丹頂を描いた作品は11点。表情豊かに実に丁寧に描いている。
 釧路管内鶴居村に各年で訪れてスケッチをし写真を撮り続けた。その表情は、清そで美しく、リアル感に富んでいる。
 「完成まで半年とはかかった」という金箔を散りばめた作品『千羽鶴』は多数がきれいに群れをなして飛び、『飛翔』は2羽がそろって飛び、『孤影』は1羽がグリーンの木々の中でたたずむ…様々な表情を明るい色彩できめ細かく描いている。
 丹頂の作品以外では花や風景などバラエティーに富み、やはり優しく描いている。


 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで25日まで。


 ◆写真は、秋の光景の『釧路湿原』(50号)





 P1050148_convert_20140522105423.jpg  遊佐 春哉(ゆさ・しゅんや)さん
 「54歳の時、釧路湿原で丹頂を見て感動したのが始まりです」。本格的に日本画を描いて30年。1988年新興美術院展で奨励賞、90年準会員努力賞。札幌での個展は6年振りだが海外のグループ展に数多く出品、石狩川詩情シリーズを長く続けた。今回、画集も発刊。振興美術院、北海道日本画会会員。1934年宮城県生まれ。札幌市厚別区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ