~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

澄んだ色彩で生活感描く 『中谷 武個展』

 
 「私に限定はない。何でも描く」―。今回は果物や花の生命の流れを時を追って描いたシリーズの油彩17点とパリの風景を描いた15点を発表。共に濁りのないきれいなマチエール。個展は隔年で開き、9回目。
 「今回は個展のメーンテーマです」と語る作品は果物が腐食、花が枯れて行く経過を時間を追って描いているのが特徴。しかもそれらは、変化しない陶器と対比するように描かれている。生死の対比とでも言おうか。腐食して行く果物の表情を実に入念に表現しており興味深い。
 一方、パリの風景は建物を描いたのが中心。しかも人通りが少ない、いわば裏街の表情。パリには4回行っている。「誰も描かないところを描いた」と語り2階の一部、建物の入り口など生活感のある情景を明るくきれいな色彩で描いている。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで7日まで。

 ◆写真は、パリの煙突のある建物を描いた30号の油彩


 P1050183_convert_20140605102327.jpg  中谷 武(なかや・たけし)さん
 これまでにハイヒール、エジプトの人、女性像など数々の作品を発表してきた。「絵の具を感じさせない絵を描く」をモットーに絵の具を盛り上げるような描き方はしない。澄んだきれいなマチエール。キャリアほぼ20年。学校の授業で学んだだけで特別な師はいない。初個展は1998年。1937年空知管内上砂川町生まれ。札幌市中央区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ