~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

作陶60年の集大成展 『小崎 彩秋陶芸展』

 
 陶芸の道に入って60年、苫小牧市に樽前窯を築窯して20年、そして今年傘寿を迎えた。それらの集大成の記念展。大つぼ、大皿からマグカップ、ぐいのみまで多彩な手法の作品170点を発表。今年4月苫小牧市美術博物館で開いたのに次ぐ個展で札幌では初めて。通算10回目。
 「他人の真似はせず、常に新しい分野の作品づくりを研究している」―。その作品は樹皮のシワを思わせる『縮織焼(ちぢみおりやき)』、つぼの内側にも花の文様がある『切抜練込(きりぬきねりこみ)』、ハスカップの枝を釉薬にした『はすかっぷ焼』を始め、描き落とし、絵付け、象嵌(ぞうがん)など多彩な技法による作品は、1人の陶芸家の作品とは思えない内容。
 釉薬はもちろん化粧土や作陶の道具も自分で作る。『はすかっぷ焼』『縮織焼』の作品は、苫小牧市の特産品に認定されており感性豊かな美と技がファンを魅了している。

 札幌市中央区大通西5、ギャラリー大通美術館で15日まで。

 ◆写真は、多彩な数々の大つぼ


 P1050202_convert_20140613210339.jpg  小崎 彩秋(おざき・さいしゅう)さん
 グループ展では数多く発表しているが「いずれ札幌で個展を、と思っていました」。1954年大学で陶芸の世界に入り、94年苫小牧・北星小学校長を退職、樽前窯を開設。2006年苫小牧市文化奨励賞のほか海外展でも受賞。日本工芸会東日本支部会員、苫小牧陶芸作家連盟会長。1934年檜山管内瀬棚町北檜山(現せたな町)生まれ。苫小牧市錦岡在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ