~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

清楚な白磁の美 『北川 智浩作陶展』


 「作品の基調に北海道の自然の変化、美しさがあります」―。純白の雪をイメージさせる『白磁』の大小の作品約200点が展示され、清楚な“白の世界”を広げている。毎年精力的に発表を続けており、個展だけでも3月に次ぐ開催。10月には東京でも。
 いわゆる“土もの”でスタートしたが、白磁の美を追究して11年。大作はガス窯、小品は電気窯で焼成している。
 純白の大皿、大小の花器、つぼ、水指などに桜の花びら、氷文、波紋、うず巻き文、粉雪などが表現され、本道の季節感をイメージさせる。
 「初めて発表する」という『桃白磁水氷文』『七稜星文』のピンクがかった『香合』もあるが、気品のある純白の造形美が魅力。一部に青磁を思わせる雰囲気の作品もあり、透明感に富む白磁の美を堪能させる。

 札幌市中央区南1西3、三越9階ギャラリーで23日まで。

 ◆写真は、中央が『白磁渦巻文天鉢』(直径54㌢)


 P1050211_convert_20140620205841.jpg  北川 智浩(きたがわ・ともひろ)さん
 1995年神奈川県で作陶の道に入って以来18年。02年に江別市に築窯、独立。伝統工芸新作展、現代茶陶展などを始め今年の第20回美濃陶芸庄六賞茶盌展に入選。日本工芸会準会員、同会東日本支部北海道工芸会幹事、江別陶芸会幹事。同志社大学卒。1967年帯広市生まれ。江別市在住。
 
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ