~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

16人が具象の美追究 『第15回“グループ環”展』

 
 美術団体やグループの所属の枠を超えて具象の美を追究している作家集団の作品展。2000年に第1回展を開いて以来、連続15回展。16人が、風景を中心に20号から50号の油彩、水彩2点ずつを発表、個性豊かに具象絵画の魅力を発揮している。
 「ゆっくり見てもらいいた、会場には常に作家がいて親しまれる展覧会を」(中吉功事務局長)をモットーに、作品は油彩を中心に風景、人物、花など多彩。
 91歳の荻原勇雄さんを始め、本道美術界の第一線で活躍している方々が豊かな感性を競い合っている。
 水彩は2人。岩佐淑子さんは女性像、平原郁子さんはアサガオなど花を丁寧に優しく描いている。
 第1回展から健筆を振るっているのは香取正人、中村哲泰、中吉功、荻原勇雄さんの4人。同じ1回展から会員だった横田章さんが、今年5月10日、86歳の生涯を終えた遺作2点が展示されている。
 毎年、1800人を超える入場者でにぎわい、具象絵画の人気を裏付けている。今回も多くのファンが訪れている。
 8月19日から神田日勝記念美術館(十勝管内鹿追町)で、同館としては4回目の移動展が開かれる。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで29日まで。


 ◆写真は、小樽の祝津港を描いた佐藤順一さんの油彩『冬の漁港』(50号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ