~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

喜寿記念で多彩な作品 『永喜多 凍炎展』

 
 「喜寿を迎えた記念展とこれまでの作陶の歩みを振り返る回顧展です」―。初個展でもあり実弟の永喜多重雄さん(栃木市)が写真、康三さん(松本市)が水彩画、実妹の五十嵐弘子さん(日野市)が墨彩がを賛助出品。ホットなファミリー展になっている。
 「さまざまな花器たち」をテーマに1985(昭和60)年に作陶を始めた時の『めおと茶碗』から近作まで37点を出品。キャリア29年の歩みを振り返っている。
 作品は花器でも角状、筒状、円形状、手びねり状、層雲峡の風景やえりも町の荒々しい波を表現した立体的な造形作品、野焼きの器、釉薬も自在に使い分けるなど多種多様。1人の作家の作品展とは思えないバラエティーに富んだ取り組みである。
 賛助出品の写真、絵画とも力量を発揮、記念展に彩りを添えている。

 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で13日まで。

 ◆写真は、数々の陶芸作品と壁面は賛助出品の絵画




 P1050244_convert_20140710190702.jpg  永喜多 凍炎(ながきた・とうえん)さん
 「長くやっているといろいろな作品を作りたくなる」。1級建築士で大阪、札幌の設計事務所、建設会社に勤務した。1985年に故下澤土泡の指導を受け陶芸の道へ。2001年新ロマン派展で上川支庁長賞、03年から大滝村北海道陶芸展で入賞、入選。北大建築工学科卒。1937年函館市生まれ。本名は宗雄。札幌市中央区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ