~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

協会賞は丸藤真智子さん 『第59回新道展』

 
 新北海道美術協会(香取正人事務局長)主催の公募展。今年の総搬入数は、油彩を中心に昨年を上回る475点を数え、協会賞は札幌市北区の主婦、丸藤真智子さん(61)の作品『硝子の月』(100号)に。昨年佳作賞を受賞しており、2年連続の受賞となった。会友にも推挙された。
 展示総数は会員121点、会友48点と一般139点の合わせて308点。油彩は具象の風景、ほほえましい子供たちの表情から心象、抽象作品まで幅広く、しかも発想の豊かな大作が目立つ。
 水彩部門の作品が多いのも特徴で充実感がある。数は少ないが浜地彩さん(札幌)田中まゆみさん(同)田村純也さん(苫小牧)のインスタレーションも見応えがある。
 協会賞・丸藤さんの作品はミクストメディア。油彩、水彩、日本画の顔料、クレヨンのほかガラスの粉なども駆使して深い質感で宇宙空間を思わせる作品に仕上げている。
 「本格的に描いてほぼ20年。協会賞は、昨年60歳になった記念のようなもので本当にうれしい」と喜びを語っている。
 初出品の入賞、入選者は20人だった。一方、今年4月17日、77歳で亡くなった藤野千鶴子さんら4人の遺作も展示されている。

 26日午後5時から札幌すみれホテルで授賞式・懇親会が開かれる。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで8月3日まで。



 ◆写真は、丸藤真智子さんと受賞作『硝子の月』(左)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ