~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

『各地の風景を軽快な筆勢で』 ~大橋 郁夫展~

  『各地の風景を軽快な筆勢で』

~大橋 郁夫展~

 札幌を中心に道内各地の風景を描いた水彩を中心に油彩12点を含め40点を発表。動きのある軽快なタッチと大きなスケールで描いている。通算8回目の個展。
 2008(平成20)年8月の個展では、初めて油彩の抽象絵画を発表した。今回はすべて具象。『卓上の静物』『朝顔』といった作品もあるが、道内各地の四季の表情を描いた作品が中心。
 油彩はサムホールから10号。札幌市の駅前通りなど中心街の春夏秋冬の光景を上から望んだ『ストリート』(10号)のシリーズは、生き生きとした筆勢。広い通りの両サイドに並木が続き車や人影が見える市街地を奥行きのある構図で描き、活気が伝わってくる。
 水彩27点は、モチーフも色彩もバラエティーに富んでいる。ともに展望するような大きな構図で描いている。
 『函館夜景』『もいわ山夜景』、あるいは札幌・大通り公園のイルミネーションを描いた作品は、ワインカラー調で幻想的。
 8日から札幌・さいとうGalleryで全国スケッチ展も開く。
 札幌市南区定山渓温泉、ぬくもりの宿ふる川ギャラリーで蔵で31日まで。

 ◆写真は、札幌の中心街の冬を描いた油彩 『ストリート冬』 (10号)

  P1000040_convert_20100302115048.jpg   おおはし いくおさん
  「作品搬入の2日前まで描いた」。水彩は手慣れた描き方。常にスケッチブックを手にしている。15年間中学校の美術教師をしていた。30歳代から道内各地の風景を描いたという。1992(平成4)年道美展で知事賞、93年努力賞。初個展は1994年。札幌西高から道教育大学札幌校中学課程美術科卒。1945年札幌市生まれ。札幌市中央区円山西町1丁目11の5。

(美術ジャーナリスト  五十嵐 恒) 

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ